ヘアドネーション

HairDonationPhotoって?

髪を何年も伸ばし続けるのって人知れず努力のいること。

髪をバッサリ切るのって印象が変わる大きな決断。

 

だって髪は体の一部です。
友達にシェアするのも、自分の手元にだけ残すのも自由。

 

そう、全ては自由
自由だからこそ、勇気を出した自分への記念の証を残してみませんか?

HairDonationPhotoって?

HairDonationPhoto(ヘアドネーションフォト)とは、ヘアドネーションする際に撮る記念写真のこと。

 

七五三、成人式、ウェディングなど人生の節目には記念として写真を残しますよね。だったら、自分の髪をバッサリと切るヘアドネーションだって新しい一歩を踏み出した記念日。

 

そんな新しい自分を記念に残す写真のことです。

 

HairDonationPhotoはいつ撮るの?

HairDonationPhotoを撮りたい!

 

と思ったけど、どうやって撮れば良いの?

 

そう思いますよね。

 

まずは、撮るタイミングについては

「髪を切る前」と「切った後」のどちらを撮りたいか?

から考えてみましょう。もちろん、両方撮るものOKです。

 

ただ、時間や予算的に厳しい人におすすめなのは、

 

髪を切る前です。

 

やはり数年間かけて伸ばし続けた髪はもはや体の一部。後々、見返した時に「私のこの髪が誰かのウィッグに生まれ変わったんだなぁ」と、振り返ることができます。

 

ビジュアル的にも髪が長いほうがいろいろとアレンジできます。

 

HairDonationPhotoはどこで撮るの?

写真を誰かに撮ってもらう時に、一番考えるのが場所と方法ですよね。

HairWingでは、大きくわけて3つにわけてご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1、PhotoStudio

七五三、成人式、結婚式。人生の節目で撮る写真のようにPhotostudio(写真館)でかたちに残してみませんか?

少しお金はかかってしまいますが、プロに撮ってもらう写真は一生ものライティング、小道具など髪を幻想的にみせるフォトって素人ではなかなか難しかったり。

そして、フォトスタジオは大きな理由がなければ行きにくい場所のひとつ。自分だけの写真を撮ってくださいって、ちょっと言いづらいですよね。

でも、「ヘアドネーションするための記念写真」だったら胸を張って行けませんか?年齢を重ねれば重ねるほど、記念写真って少なくなっていく記念写真。

自分へのご褒美もかねて。

 

 

HairDonationPhotoができるPhotoStudio

Coming soon

 

2、Home

自宅の床や壁だって立派な撮影スポット!ヘアドネーション前にかたちに残してみませんか?

やっぱり、スタジオで写真を撮るのは恥ずかしい、時間的にも難しい。そんな人には、自宅で撮るヘアドネーションフォトもあります。

自宅の床や壁を背景に幻想的な写真を撮ることもできます。ひとりで撮る場合は、床フォトは難しいですが、壁背景のフォトならミニ三脚とカメラのタイマー機能があれば OK!

髪を切る直前だってできちゃいます。

 

髪を伸ばす間に、家でもいろんな思い出がありますよね。
お気に入りのスペースや小物と一緒に思い出の1ショットを。

 

3、Outside

髪を伸ばす間には、色々な場所に訪れます。そんな思い出の場所と一緒にかたちに残してみませんか?

編集長のTEMARIは、治療の影響で髪を全て失いました。ですので、ヘアドネーションをするまでに髪を約7年以上伸ばし続けました。

その間には、いろんな場所も訪れます。涙した場所、元気づけられた場所、思い出の場所。もちろん、普通にインスタ映えする場所でもOK!

自分が気になる場所、思い出の場所で撮るフォトは全て記念フォト。

 

もちろん、プロにお願いすると素人が撮るフォトが違うのは確か。

 

レンズも良いし、ライティングもしっかりしている。
でも、それ以上に大切なのは想い

 

記念写真と構えずに、ヘアドネーションをする前に気軽に思い出の場所で写真を残して見るのもひとつの方法ですよ。

 

まとめ

HairWingが考えるHairDonationPhotoについてご紹介してきました。はじめにお伝えしたように全ては自由です。自由だからこそ、できる自由!

そんな自由を一緒に楽しんでもらえると嬉しいです。

RELATED POST