てまり式の体質・髪質チェック

健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか?
体質、髪質、肌質が違えば対処法も異なります。

誰かの良いは、必ずしも自分の良いとは限りません。『美』を育むためには、まずは自分の状態を知ることから始まります。

本当の『美』は、すでにあなたの中にあります。自分にあった『美』を見つけて養っていくことが大切です。体質を知り、自分に合った改善法を取り入れて美を育みましょう。

体質・髪質チェック

ここでは代表的な4タイプの体質をご紹介。該当するチェック項目が多いタイプが、今のあなたの髪や肌、体や心の状態に強く出ている部分です。まずは、どのタイプかチェックしてくださいね。

①ストレスタイプ(イライラ・ドロドロ)

 

②湿熱タイプ(ベトベト)

 

③気血不足タイプ(クタクタ)

 

④肝腎両虚タイプ(ヘロヘロ)

 

タイプ別のケア方法(食事偏)

いかがでしたか?該当するチェック項目が多いタイプが、今のあなたの髪や肌、体や心の状態に強く出ている部分です。ここからは、それぞれのタイプ別により美しくなるためにオススメの食材をご紹介していきます。

もちろん、複数のタイプを併せ持つこともあります。気になる症状があれば、該当するタイプのオスス食材もチェックしてみてくださいね。

①ストレスタイプ(イライラ・ドロドロ)にオススメ食材

↑パクチーソース

●香りの良いもの

グレープフルーツ・みかん・オレンジ・すだち・陳皮などの柑橘系、セロリ、パクチー、ミント、パセリ、三つ葉、ハーブティー(ジャスミン茶、カモミールティー、菊花茶、)、ラベンダーなど

 

●血流を改善する食べ物

サバやイワシなどの青魚、イカ、玉ねぎ、ネギ、にんにく、生姜、ニラ、らっきょう、黒きくらげ、黒酢、シナモン、アーモンド、紅花、ローズ、ウコン、桃、紅茶、ほうじ茶など

 

②湿熱タイプ(ベトベト)にオススメ食材

↑たけのことわかめのスープ

●体の余分な熱や湿を出す食材

昆布、わかめ、ひじき、のりなどの海藻類、たけのこ、ごぼう、レタス、緑豆もやし、春雨、小豆、白菜、大根、きのこ類、こんにゃく、あさり、玄米、ハトムギ、バナナなど

 

③気血不足タイプ(クタクタ)にオススメ食材

↑棗と生姜の赤ワイン煮

●元気を補う食材

じゃがいも、さつまいも、山芋、とうもろこし、豆類、かぼちゃなど

●血を補う食材(赤色)

牛肉などの赤身肉、マグロやカツオなどの赤身魚、レバー、鮭、牡蠣、黒きくらげ、黒豆、黒米、小豆、ビーツ、卵、棗、干しぶどう、イチゴ、ブルーン、ざくろ、ブルーベリーなどのベリー類、赤ワインなど

●緑黄色野菜

人参、小松菜、ほうれん草、枝豆など

④肝腎両虚タイプ(ヘロヘロ)にオススメ食材

↑山芋と黒豆粥

●腎を補う食材(黒色、ナッツ類、芋類)

黒豆、黒ごま、黒きくらげ、黒米、ひじき、くるみ、松の実、カシューナッツ、山芋など

●鹹味の食材(塩辛い味)

イカ、タコ、牡蠣、昆布、海苔、味噌、ナマコなど

●体を温める食材

エビ、ニラ、しいたけ、ラム肉、シナモン、紅茶など

●体を潤す食材

白ごま、蓮根、梨、ゆりね、豆乳、豆腐など

自分にあった改善方法を

今回ご紹介したのは、あくまでも基本の4パターンと食事ケアです。なかには、複数のタイプが混合している方もいます。なぜなら、肌も髪も体質も人それぞれ、千差万別です。

また、取り入れるだけでなく『補う』『削る』『巡らす』の3つのバランスを整えていくことが大切です。

 

✔︎何が足りなくて、何を取りすぎている?
✔︎補ったものは、体の隅々までちゃんと届いている?

 

また『内外美養』でもお伝えしていますが、どんなに内側をケアしても、外側ケアが間違っていると本当の意味での改善は難しいのです。詳しくは、内外美養メソッドでご紹介しています。

https://hairwing.net/beautymethods/

 

まずは、この体質・髪質チェックを参考にサイト内のレシピを取り入れてみてくださいね。

 

より自分にぴったりな食材やレシピ、ヘアケアや生活習慣の改善法など、パーソナル診断をご希望の方は、個別カウンセリングをお申し込みください。髪や肌を土台から改善し、本来の美を引き出すご提案をします。

 

※現在は、個別カウンセリングの新規募集はストップしています。再開しましたら、TwitterやInstagramでお知らせいたします。