ヘアケア

1日に抜ける髪の毛って?抜け毛を防ぐヘアケア

シャンプーやドライヤーのとき、髪が抜ける量をみてドキッとしたことはありませんか?とくに春と秋は抜け毛が増える時期です。

なかなか人には相談できないけど、気になっている。そんな抜け毛の仕組みや抜ける原因、ヘアサイクル、改善策など紹介していきます。

私たちの髪の仕組みとヘアサイクル

1日にどのくらい抜けている?

1日に抜ける髪の本数は、日本人の成人で約50~100本。え、そんなに?と思う人もいますが、普通に生活していればこのくらい抜けていても問題ありません。

当たり前ですが、毎日100本も抜けるだけで、生えてこなければ薄毛になってしまいます。ただし、私たちの髪は抜けるだけでなく、同じくらい髪が生えてくるので健康な頭皮とヘアサイクルであれば、心配する必要はありません。

TEMARI
TEMARI
抜け毛が多いと薄毛になっちゃう?不安になりますが、まずは深呼吸。自分が思っている以上に抜けていない場合もあるんです。一度気になると頭から離れない人もいますが、冷静に!

 

抜けては生える、ヘアサイクルの秘密

日本人の平均的な毛髪の総数は、約10万本と言われています。つまり、私たちの頭の上には約10万本もの毛がニョキニョキと生えているんです。

そんな私たちの髪の毛は、「成長期」→「退行期」→「休止期」を経て、抜けては生えるというサイクルを繰り返しています。これを「ヘアサイクル」と呼んでいます。

髪は平均3~6年かけて成長し、寿命を終えると自然と抜け落ちます。そして、髪が抜けた場所と同じ毛根から2、3ヵ月するとまた新しい髪が生えてきます。

このヘアサイクルが正しく行われていれば、100本程度の抜け毛は心配ありません。つまり、いつも約10万本くらいの髪がキープされているということ。

心配なのは、何らかの理由でこのヘアサイクルが乱れてしまった時です。

髪の長さでも抜け毛の見え方が違う

当たり前ですが、髪の長さによっても抜け毛の見え方が違ってきます。ヘアドネーションができるくらいの長さになってくると、短髪の人に比べ見え方は3、4倍にもなります。

髪を伸ばしてい期間に「抜け毛が増えた?」と思っても、単純に毛髪の1本1本が長くなったことで、見え方が変わっただけかもしれませんよ。

TEMARI
TEMARI
抗がん剤治療前にセミロングをショートにしたTEMARIです。理由は、これと同じ。同じ抜ける量でも、短髪とロングでは見え方が全然違ってきます。どんなに脳でわかっていても、大量に抜ける髪はショック…だけど、通常に生活していれば神経質になりすぎないことも大切ですよ。

注意するのは毛髪と頭皮の状態

髪の太さや形状に個人差があるように、抜け毛の量も人によって違いがあります。抜け毛の本数はあくまでも目安。気にするのは、抜け毛の長さや太さ、抜けた毛髪の毛根の状態です。

1、抜け毛の本数<頭皮の状態をチェック

季節によって抜け毛の量も変化します。1年で一番抜け毛が増えるのは秋、次いで春と言われています。その時期は、1日200本以上抜けることもあります。その時に注意深く観察したいのが、頭皮の状態なんです。

炎症、赤み、かゆみ、乾燥などいつもと違う変化を感じたら、頭皮トラブルを起こしてヘアサイクルが乱れているサインです。このまま放っておくと、抜け毛の量は戻らないこともあります。

2、細い毛、短い毛ばかり抜けていたら要注意

1日に200本ほど抜けていても、長くしっかり髪が自然に抜け落ちていれば、それほど問題ありません。通常は、1ヵ月ほどで元の抜け毛の量に戻ってきます。

問題なのは、髪の太さと長さです。ヘアサイクルで髪が抜けるのは通常のことですが、抜けた毛髪が細くて柔らかい、短い毛ばかり、毛根が痩せた抜け毛、などの場合は少し注意が必要です。このような抜け毛が増えてきたら、頭皮トラブルからくるヘアサイクルの乱れが原因かも?

また、AGA(FAGA)がはじまると、うぶ毛のような髪の毛(軟毛)が増えてきます。これは、毛包が十分に成長せず、早い段階で「退行期」→「休止期」に行くためです。

ヘアサイクルの乱れやAGA(FAGA)、食生活の乱れのサインかもしれませんよ。

抜け毛を防ぐヘアケア

1、正しいシャンプーで頭皮まで洗う

ヘアケアの基本は、正しいシャンプーです。毛髪についた汚れだけでなく、頭皮も清潔にしてあげることがポイント。ゴシゴシ洗わず、優しくいたわりながら健康な頭皮環境を保ちましょう。

ポイントは、『予洗い』と『しっかりとすすぐ』こと。すすぐ時間は、髪を洗う時間の3倍かけることを心ががけて!

週末やオフの日など、時間に余裕のある日は頭皮マッサージもおすすめです。頭皮の血行が良くなると、先端の血管まで栄養が行き届くようになるので抜け毛を防ぐことに繋がりますよ。

↓くわしい洗い方のポイントはこちら

毛髪診断士が伝えたい『髪育』になる髪の洗い方

 

2、正しいドライヤーの仕方で乾かす

「髪が傷むのでドライヤーはしない」という人もいますが、濡れたままの髪や頭皮は雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因となります。
また、ゴシゴシとタオルで拭くのもNG!髪の大敵は、摩擦です。正しいドライタオルと乾かし方で頭皮をケアしながら、しっかりと乾かしてくださいね。

↓くわしい洗い方のポイントはこちら

毛髪診断士が伝えたい『髪育』になる髪の乾かし方

3、バランスのとれた食事

シャンプーやトリートメントなどで外からの栄養をいれても、髪の原料のタンパク質やミネラルが不足していては健康な髪は育ちません。

タンパク質、血行をよくする食材、腎を補う食材(薬膳)など、量は多くなくてもバランスよく食べることが健康な髪を育てることに繋がります。炭水化物、糖質だけの食生活から卒業しましょう!

↓くわしいレシピはこちら

髪育になる簡単薬膳レシピ

4、ストレスをためない

私たちはストレスを感じると自律神経のバランスが崩れ、頭皮にも悪い影響を与えます。その一つが、血行不良です。血行が悪くなると頭皮に栄養が届きにくくなり、毛根にダメージを与えます。

外からの刺激と心の変化によってトラブルを起こしやすくなっている場合は、早めのケアで正常なヘアサイクルに整えてあげることが大切です。

TEMARI
TEMARI
抜け毛を気にしずぎてストレスがたまり、ますます抜け毛が増えた!なんてことにならないように、気にしすぎるのもよくありません。

5、睡眠をしっかりとる

髪の毛を育てる成長ホルモンは、寝ている間に最も多く分泌されると言われています。中医学でも気血(エネルギーの源)は、寝ている間に作られ、蓄えられると考えられています。

遅い時間に食べ物を食べると、寝ている間に胃が休まらず、質の良い眠りの妨げにも。なので、寝るギリギリまで食事をするのはNG!遅くとも9時くらいまでには食事を済ませ、十分な睡眠で健康な髪を育てましょう。

まとめ

髪が長くなると、抜け毛の量が増えて見え不安になることもありますよね。でも、ヘアサイクルの仕組みや予防、対策を知っていれば不安になりすぎる必要はありません。

1日100本くらいの抜け毛なら大丈夫、200本以上だと薄毛になる、というものではありません。しっかりと頭皮の状態まで観察して、健康な髪を育てましょう。

RELATED POST