ヘアケア

今の方法は間違ってるかも!?毛髪診断士に学ぶ「髪を元気にする洗い方」

前回のコラムでは、間違った洗髪を続けていると『様々な頭皮トラブルに繋がってしまう』ことをお伝えしました。当たり前のようにやっている日々の行動が、髪や頭皮に悪影響を及ぼしているなんてことも…

そんな学校では教えてくれない、髪を元気にする正しいシャンプー方法をお伝えします。

髪を元気にする髪の洗い方

まず、大前提として大切なのは全体を洗うこと!これが基本です。

しかし、これが意外とできないから頭皮トラブルが発生してしまうんです。ポイントを抑えながらお伝えします。

1、予洗いをしっかりする

まずは、シャンプーで洗う前にしっかり『予洗い」をしましょう。目安は3分です。意外と長いと思いませんか?

しかし、予洗いは洗髪の基本。予洗い=髪を濡らす行為』と思っている方が多いですが、予洗いこそ『髪育(元気な髪を育てる行為)』の鍵になってきます。

予洗いをしっかりとすることで『シャンプーの泡立ち』『無駄なシャンプーの軽減』『頭皮や髪への負担軽減』などメリットはたくさんあります。

 

予洗いポイントは3つ

1、シャワーヘッドを使う

シャワーヘッドを頭皮に近づけ、髪を濡らすのではなく、頭皮をしっかり洗うようにしましょう。

2、温度はぬるま湯

熱すぎると頭皮の水分を奪ってしまうので温度はぬるま湯がベストです。

3、天井型のシャワーヘッドは注意!

天井備え付けのシャワーヘッドは便利だし、気持ち良いのにどうして?と思うかもしれません。しかし、見ての通り上からしか洗えず、後頭部など洗い残しが発生しやすくなります

天井シャワーヘッド、手にもつシャワーヘッドのダブル使いなら問題ありませんが、天井備え付けのシャワーヘッドのみの方は注意が必要です。

上記のポイントを抑えつつ、前→左右横→後ろ→上(頭頂部・つむじ)まで洗うようにすれば、予洗いはOK。この作業だけで『大体の汚れは取れている』と言っても過言ではありません。

2、手にシャンプーを出す

シャンプーは髪に直接つけるのではなく、まずは手のひらに出して泡立てることからスタート。

可能なら泡はもこもこにして、泡立ったあとに頭にのせるようにする。なかなか泡立たないタイプのものだったら、洗顔用のネットを使うと便利ですよ。

3、指の腹で洗う

泡をあたま全体になじませ、指の腹で優しく全体を洗っていきましょう。

ポイントは、毛の流れに逆らうように下から上に上がっていくようにすること。髪を洗うのではなく、頭皮にも泡をつけて、頭皮を優しくマッサージするように。

頭頂部、襟足など洗い残しやすいパーツもしっかり洗いましょう。洗い残しは、ニオイやベタつきの原因になる、雑菌の繁殖エリアになってしまいますよ。

4、予洗いの3倍の時間かけるイメージで洗う

最後は、シャンプーを洗い流しましょう。注意したいのは『泡がなくなったら終わり』ではないということ。

 

ポイントは、予洗いと同じく全体を洗い流すこと。頭頂部、側面、前方、後頭部と4箇所の洗い残しがないようにシャワーヘッドを近づけ、丁寧に洗います。

 

温度はぬるま湯です。正しいシャンプーをした後に感じるのは、爽快感!これは、最終的に乾かした後に感じることなんですが、全然違いますよ。

 

頭皮は大地、髪は花?元気な髪は土台が大切な理由をわかりやすく解説スカルプケア、ヘアオイル、ヘアトニック、育毛剤、ヘッドスパなど、頭皮や髪に関わるヘアケア製品は星の数ほど出回っているけれど、実際のところ...

 

髪を乾かす時のNG行為3つ!それが原因で起こるヘアトラブル前回のコラムでは、正しい髪の洗い方をお伝えしましたが、次に気をつけたいのが『髪の乾かし方』。『髪の洗い方』と同じくらい、意外とできていな...

 

洗髪はすべての基本!

どんなシャンプーを使うかも大切ですが、基本の洗い方が間違っていると効果は半減、それ以下にも。面倒だなぁと思うかもしれませんが、現在頭皮トラブルを抱えている方はまずは試して欲しいのがこれです。まずは騙されたと思って、一度チャレンジしてみてくださいね。

RELATED POST