がんサバイバー

私が考える『回復力のある人生』とは

私は闘病・脱毛をきっかけに『病気になりにくい体作り』を志し、東洋医学(中医学)、漢方、薬膳、自然療法、発酵食品、アロマなど、様々なことを学んできました。

 

 

 

人生のどん底、生死の境を彷徨った私が今思うのは、『回復力のある人生』って、仕事面、健康面、美容面など、いろんな場面で役立つなってこと。

 

 

 

調子が悪くなってから薬で治療するのではなく、病気になる前に予防する『未病先防(みびょうよぼう)』に加え、まさかのケガや病気、仕事や恋愛のどん底に陥った時に『戻れる力』。すなわち、私が考える回復力。

 

 

どんなに予防しても、気をつけても、人間って『まさかの坂』に転げ落ちる時ってあるんです。もちろん、その確率を下げるのが予防医学の得意とする分野なんですが、人生って何があるかわからない。

 

 

 

例えば、安全運転をしていても後ろから車に追突されたり、運動や食事に気をつけてても遺伝性の病気になったり、急な異動で上司からパワハラされて鬱になったり…

 

 

 

じゃあ、どうしようもないなら予防しないか?というと、そんなことはないです。確率を下げるためには、『病気になりにくい体作り』は大切です。これは美容面、精神面の安定にもつながります。

 

 

 

人間は、常に揺らぎ変化しながら安定しようとする存在。

 

 

 

 

東洋医学では”中庸(ちゅうよう)”という言葉で古くから用いられてきましたが、人間も自然の一部。ひとつの要素だけではなく、自然界や人間関係など様々なバランスのなかで生きています。

 

 

 

目に見えるもの、目に見えないもの。さまざまな揺らぎを感じ、時にはバランスを崩すことも…これは決して準備不足や弱さだけの問題ではなく、ある意味仕方のないこと。

 

 

 

大切なのは一部のバランスが崩れてしまっても、またバランスを戻していける”回復力”のほうかなって。私はバランスが崩れないようにガチガチに固めるより、崩れても戻れる”回復力”のある人生を大切にしています。

 

 

 

ハードスプレーでガチガチにスタイリングしたら崩れにくいけど、崩れたときは壊滅的…それより、少しくらい崩れても、トイレで直せるほうが柔軟性がある(髪に例えるなら、こんな感じ)

 

 

 

そのために実践しているのは、予防+予備(知恵)。まずは、崩れにくい(崩れても少しにできる)心と体作り。そして、大きな波がやってきたときにしっかりと向き合える予備(知恵)。

 

 

心も体もバランス、その土台が整えば髪も肌も安定してくる。私がバランスを大切にする理由です。ちょっとくらい崩れたって乱れたって大丈夫、人間なんてそんなもの。

 

 

私もそうですが、ゆっくり自分のペースでバランス整えていきましょうね。

 

 

参考になった本はこちら↓

※中医学や美容がメインではありません。
あくまでも、回復力(レジリエンス)についてのベストセラー本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「レジリエンス」の鍛え方 世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! [ 久世浩司 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/4/6時点)

楽天で購入

 

 

LINE公式アカウント

あなたにオススメの美髪美肌を育む食材&レシピをプレゼント🎁

てまりLINE公式アカウント登録(無料)はこちらを↓

ORを読み込んでいただくか、
こちらをクリックすると友達申請ができます↓

友だち追加

ID:@268poqdd
https://lin.ee/9pOxrDM

 

個別カウンセリング

てまりの”個人カウンセリング”では、『肌や髪にお悩みの方』『もっと美に磨きをかけたい方』『自分にあった食事やスキンケアを知りたい方』などへ、無理せず自分のペースで美を育む方法をアドバイスします。

個別カウンセリング 個別カウンセリング てまりの”個人カウンセリング”では、『肌や髪にお悩みの方』『もっと美に磨きをかけたい方』『自分にあった食事やス...