髪育ごはん

パサつき&抜け毛予防に『塩さばの白ワイン蒸し』

血を補い髪のパサつきを改善、潤いを補給する髪育ごはんです。

髪におすすめの理由

『塩さばの白ワイン蒸し』
(調理時間:20分)難易度★☆☆

 

さばは、薬膳では血を補ってくれるので、髪が細くて弱い、パサパサして艶がない、顔が青白い、爪が割れやすい、めまいや動悸がするなど、『気血不足(クタクタ)』にオススメの食材。また、血流サラサラのEPAも豊富なので、抜け毛予防に取り入れたい食材です。

 

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

リーズナブル&手に入りやすい「塩さば」で色々アレンジしてます。もちろん、冷凍さばでもokです。

 

 

今回は、血流を良くする野菜と、リラックス作用と巡りを良くする白ワイン、夏バテ予防のレモンの組み合わせたレシピをお届け。

 

 

てまり
てまり
野菜を乗せ過ぎてしまい、あまりさばが見えない盛り付けに…(もはや、ウォーリーを探せ状態)。たっぷり野菜の下にちゃんとさばがいます。

 

 

美髪にオススメのさばレシピを食べて、細胞レベルで美を育みましょう。

 

 

【薬膳効果】
☆さば…貧血、めまい、美肌、美髪、体力回復
☆玉ねぎ…血の巡りを良くする、胃の不快感
☆パプリカ…イライラ改善、血栓予防
☆レモン…喉の渇きを癒す、体を潤す、夏バテ予防、美肌、つわり
☆白ワイン…巡りを良くする、リラックス、体を潤す

 

詳しい作り方は、インスタでもご紹介↓

https://www.instagram.com/temari.yakuzen/

 

薬膳の効能(白ワイン)

 

【性味】温性・辛酸甘味 【帰経】心・肝・脾・肺

【薬膳的効能】
胃腸の働きを高める(健脾)、巡りを良くする(理気)、リラックス(安心)、体を潤す(滋陰)

薬膳で白ワインは、胃腸の働きを高めて、消化を促進。殺菌効果もあるとも言われています。

 

てまり
てまり
よく魚料理に白ワインが合うと言いますが、食中毒予防など、魚介に対する殺菌効果としても良いですね。

 

また、体の潤いを保つ作用にも優れているので、肌や頭皮の乾燥対策にもオススメ。体の巡りを良くして、リラックスさせる作用もあるので、ストレスが溜まっているときは、香りの良い野菜や果物と一緒に取り入れると相乗効果があります。

 

てまり
てまり
は百薬の長」と言われ、少量のお酒は気血の巡りをよくし気分を良くしますが、飲みすぎは身体の負担にも…何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し(物事にはほどよさが大切)」です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻が大絶賛のトロさば8枚セット
価格:2980円(税込、送料無料) (2022/1/6時点)

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ムソー 北海道産てんさい含蜜糖・粉末(500g)【イチオシ】
価格:432円(税込、送料別) (2021/10/18時点)

楽天で購入

 

栄養学的な効能

《白ワインの嬉しい効能》
✔︎抗酸化作用のある『ポリフェノール』
✔︎ むくみ改善や高血圧予防の『カリウム』
✔︎疲労回復の『クエン酸』
✔︎食中毒の予防の『有機酸』
✔︎骨を強くする『カルシウム』

 

白髪やシミ予防など、エイジングに作用するポリフェノールは、白ワインよりも赤ワインに多く含まれていますが、白ワインの抗酸化力は赤ワインよりも高いそう。

 

というのも、白ワインのポリフェノールは、赤ワインより”分子量が小さい”ため、消化吸収がされやすいと言われています。そのぶん、早く抗酸化作用が現れる…いうことなんでしょうね。

 

てまり
てまり
白ワインは冷やして飲むと美味しいですが、冷たい飲み物が急に胃腸に入ると胃腸もびっくり…消化能力がダウン、胃腸トラブルの原因にも。私は一杯のあたたかい白湯を飲んでから、冷たいアルコールは頂きます。

『塩さばの白ワイン蒸し』のレシピ

調理時20分【難易度★☆☆】

食材

【2人分】
・塩さば  2切れ
・玉ねぎ  1/2
・パプリカ 1/4
・レモン   1個
・白ワイン 100ml
・水     50ml
・タイム  あれば

作り方

①塩さばは4等分にカット。

②玉ねぎとレモンは輪切り、パプリカは千切りにカット。

③鍋に②と白ワインを加え、中火で野菜がしんなりするまで火にけける。

④別のプライパンに①を入れ、コショウを振り、その上に③をのせ火にかける。

⑤途中、水50mlを追加して、汁をかけながらさばに火を通す。約5~8分くらいしたら完成。

ポイント

●青魚の生臭さが苦手な方でも、レモンのさっぱりで食べやすくなっています。
●レモンの酸味は苦手な方は、レモンを半量にするなど調整してみてくださいね。

RELATED POST