髪育ごはん

美髪が叶う栄養庫『食べる甘酒』

頭皮の血流を改善、肌や頭皮の乾燥が気になる季節にオススメの髪育ごはんです。

髪におすすめの理由

『食べる甘酒』
(調理時間:5時間~)難易度★☆☆
※作業は10分以内、残りは保温時間

 

 

甘酒は、薬膳では元気を補う、身体を潤す、血の巡りを良くするなどの作用があります。また、消化を助ける働きがあるので、胃腸の元気がないときや夏バテにもオススメ。

 

 

血の巡りを良くしてくれるので、目の下のクマ(寝ても取れない)、月経痛、経血に血の塊がある、頭皮の血行不良で抜け毛が多いなど、『ストレス(イライラドロドロ)』タイプに良い食材。

 

 

甘酒は”飲む”イメージがありますが、飲むだけじゃなくて食べても美味しいんです。噛んで食べると風味や食感も感じることができるので、飲む甘酒とは一味違います。

 

 

最近、注目されているのが甘酒に含まれるエルゴチオネイン。若返りのビタミンの異名を持つビタミンEの約7000倍とも言われ、抗酸化作用がぎゅっと詰まってる栄養素。

 

 

それ以外にも美肌や美髪に欠かせない酵素や必須アミノ酸、ビタミン類も豊富。その豊富な栄養素からも『飲む点滴』とも言われていますが、手作りすれば『食べる』も楽しめますね。

 

 

甘酒を食べて、細胞レベルで美を育みましょう。

 

てまり
てまり
どんなに栄養価が高くても食べ過ぎ飲みすぎは×。多くても、1日200ml程度までにしましょう。

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

【薬膳効果】
☆甘酒…体を潤す、食欲不振、美肌、血の巡りを良くする

 

詳しい作り方は、インスタでもご紹介↓

https://www.instagram.com/temari.yakuzen/

 

薬膳の効能(甘酒)

 

甘酒の詳しい効能はこちらを↓

1杯で美髪チャージ『トマト甘酒』夏の疲れを補い、頭皮の血行と代謝をアップさせる髪育ごはんです。 髪におすすめの理由 (調理時間:5分)難易度★☆☆ 多...

 

 

 

 

 

『食べる甘酒』のレシピ

(調理時間:5時間~)難易度★☆☆
※作業は10分以内、残りは保温時間

食材

【2人分】
・米麹 100g
・水  100ml

作り方

①耐熱ケース(タッパーや瓶など)に米麹と水を入れ混ぜる。

②炊飯器に乾いたタオルを敷き、①をのせる。
ケースの蓋は軽く開けておく。

③炊飯器は開けたまま、保温。
上にタオルカバーしておくと◎

保温温度:55~65℃くらい
保温時間:5時間以上~

④保存方法
粗熱をとってから冷蔵庫で保存。
1週間~10日を目処に使いきってくださいね。

ポイント

●耐熱ケースは蓋があるものを使う
●完成した甘酒が硬かったら、水分を足して調節してください。
●2倍量作りたい場合、米麹200g水200mlでも作れます。

RELATED POST