髪育ごはん

エイジレスな髪を目指す『長芋ポテト』

頭皮や肌のカサカサを改善、加齢に伴う髪のエイジングを予防する髪育ごはんです。

35歳を過ぎた頃から、髪のお悩みで多く寄せられるのが髪や頭皮、肌のパサつきです。いつもと同じケアをしているのにカサカサ、パサパサ(あれ?何で!?って)

 

 

年齢とともに口が乾きやすくなったなど、『加齢は乾燥との戦い』でもあります。

 

 

若さ=潤い、弾けるような肌は若さの証。潤いなくしてハリやコシは出ない…そんなエイジング髪にオススメなのが、成長や発育、ホルモンの分泌などの働きを高めて白髪予防、髪の潤い補給ができる『長芋』です。

 

東洋医学では、冬は老け込みやすい季節と言われています。長芋など滋養強壮のある食材で腎を補って、肌や髪の美を育みましょうね。

 

 

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

【薬膳効果】
☆長芋(山芋)…老化予防、滋養強壮、肌や頭皮を潤す、白髪・細毛予防
☆黒ごま…白髪、脱毛、便秘、老化予防、めまい

 

★工程付きの詳しい作り方は、インスタでご紹介↓

https://www.instagram.com/temari.yakuzen/

薬膳の効能(山芋・長芋・自然薯)

 

山芋の詳しい効能はこちらを↓

腸内環境を整え美髪を育む『長芋のポテトサラダ』腸内環境を整えながらエイジングにも作用する、白髪や細毛が気になってきた方におすすめの髪育ごはんです。 長芋が髪におすすめの理由 『長...

 

てまり
てまり
胃腸を健康にする、元気を補ってくれる長芋は、疲れがなかなかとれない人にもおススメです。

 

栄養学的な効能

《山芋の嬉しい効能》
✔︎血糖値の急上昇を防ぐ「レジスタントスターチ」
✔︎便秘の改善の「食物繊維」
✔︎消化を助ける「ジアスターゼ」
✔︎皮膚や粘膜の健康維持に役立つ「ビタミンB」
✔︎血流を改善する「アルギニン」
✔︎むくみを改善する「カリウム」
✔︎頭皮の血行改善に良い「ビタミンE」
✔︎鉄分の吸収を助ける「ビタミンC」

 

山芋(長いも)のネバネバ成分であるムチンは高い保水力を持ち、肌や頭皮、粘膜を健康に保つ効果があります。

 

 

肌の新陳代謝に欠かせないビタミンB群、コラーゲンや鉄分の生成を助けるビタミンC、保湿効果のあるアルギニンなど、美肌美髪を維持したい方に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

 

てまり
てまり
長芋を加熱するとでんぷん質が変化してホクホクとした食感になります。冷え性、胃腸が弱い、下痢気味の方は「生のとろろ」より、加熱してホクホクした状態がおすすめです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ムソー 有機しっとりすりごま 黒(80g)【イチオシ】
価格:496円(税込、送料別) (2022/2/3時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

平田 純正菜種油 一番搾り 紙パック(1250g)【spts1】【平田産業】
価格:1198円(税込、送料別) (2022/2/3時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

『長芋ポテト』のレシピ

『長芋ポテト』
(調理時間:20.分)難易度★☆☆

食材

【材料】4人分
・長芋:300g
・小麦粉:大さじ2
・黒ごま:小さじ2(お好みで)
・塩:小さじ1(お好みで)
・油:大さじ3~4
・水:大さじ2

作り方

【作り方】
①長芋を長さ約5cm、1.5cm角に細切りにする。

②小麦粉に水(大さじ2)を加え混ぜる。そこに①を入れまぶす。

③フライパンに少し多めの油を入れ火にかける。

④温まったら②を入れ、きつね色になるまで焼く。

⑤クッキングペーパー(油きり)で油を切る。

⑥塩と黒ごまを適量かけたら完成。

ポイント

●長芋は完全に火が通らなくても良いのでお好みの焼き加減でOK。
(個人的には、少しこんがり焼き目がオススメ)

●くっつきやすいので、焼くときはお箸でバラしながら焼いてください。

RELATED POST