髪育ごはん

ぷるるんっは潤い補給の証『白きくらげの作り置き』

楊貴妃も愛したと言われる美肌食材の”白きくらげ”。日々の食事に活用しやすい保存方法をお届けします。

髪におすすめの理由

『白きくらげの作り置き』
(調理時間:60分)難易度★☆☆
※圧力鍋の場合は10~15分

 

以前ご紹介した『白きくらげと塩麹の手羽先スープ』に使った”白きくらげ”、こちらを手軽に使えるように”下ゆで保存”できる方法を届けします。

 

腸内環境を整えて潤い補給『白きくらげと塩麹の手羽先スープ』頭皮や肌のカサカサを改善、体の内側から潤いを補給する髪育ごはんです。 髪におすすめの理由 『白きくらげと塩麹の手羽先スープ』 ...

 

 

肌や頭皮の潤い補給におすすめ、世界三大美人の楊貴妃も愛したと言われる『白きくらげ』は、弱火でコトコトゆっくり煮込むことで潤い成分がた~っぷり出ると言われています。

 

 

とはいえ、毎回1時間ほど煮込むのは時間もかかってしまうので、私は多めに作って冷凍庫(冷蔵庫)で保存。使いたい時に解凍して、スープやスイーツなど、他の具材と組み合わせています。

 

てまり
てまり
下ゆでができていると、野菜やキノコなど、お好みの具材と数分煮るだけで完成。忙しい日の時短にも重宝します。

 

 

白きくらげは頭皮カサカサ、乾燥性の白いフケが気になるなど、身体の乾燥が気になる季節におすすめの食材。秋にしっかり栄養補給して、肌や髪の美を育みましょうね。

 

 

てまり
てまり
秋は、皮膚や鼻の粘膜などの肺系統にトラブルが多くなる季節。とくに”呼吸”を意識して、潤い補給ができる食材に合わせて、マスクは人がいない場所で外すなど、”鼻から吸って口から吐く”の深呼吸で整えていきましょうね。

 

【薬膳効果】
☆白きくらげ…肌や頭皮を潤す、美肌、から咳、血痰

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

★詳しい作り方は、インスタでもご紹介中です↓

https://www.instagram.com/temari.yakuzen/

 

てまり
てまり
白きくらげには硝酸塩が含まれているため、調理後に長時間放置すると、人体に有害な亜硝酸塩に変化する場合があります。冷蔵なら3日以内、冷凍なら2週間を目安に使い切るのがおすすめです。※硝酸塩は、通常摂取する程度では有害ではありません(亜硝酸塩に変化した場合、人体に影響を与える物質の生成に関与するおそれがあることが指摘されています)

薬膳の効能

こちらにご紹介↓

 

 

 

 

 

栄養学的な効能

こちらにご紹介↓

『白きくらげの作り置き』のレシピ

調理時60分【難易度★☆☆】
※圧力鍋の場合は10~15分

食材

【4人分】
・白きくらげ:40gくらい(お好みで)
・たっぷりのお水

作り方

①白きくらげをざるで洗って、水で1時間以上つけて戻す。

②水を捨て、白きくらげをたっぷりの水で弱火で1時間ほどコトコト煮る。

③できあがったら粗熱を取り、冷凍庫(冷蔵庫)で保存。

ポイント

●冷蔵庫はタッパー、冷凍庫はジップロックなどに入れて保存。潤い成分が詰まっている水分も一緒に入れましょう。

●下ゆでが出来ているので、使いたいタイミングで解凍して使ってください。

●冷蔵なら3日くらい、冷凍なら2週間くらいを目安に使うのがおすすめです。

 

 

RELATED POST