ヘアケア

髪のパサつきは内面から!髪に必要な栄養を薬膳で取り入れる

髪のお悩みでも多くあげられる乾燥による髪や頭皮のトラブル。意外と気づいていないのが、食や生活習慣による内側からのダメージです。

毛髪は、筋肉や骨と同じ細胞の一種なので、食事との関係は強いもの。取り入れる食材やちょっとしたコツを覚えれば、これから生えてくる髪に内側から刺激を与え、髪質を変化させていくことができます。

そんな体の内側からケアする、髪に栄養を与える食材を使った薬膳についてご紹介します。

内面が原因の髪のパサつきって?

1、タンパク質が足りていない

カロリーは取れているけど、食事の中身は炭水化物、砂糖ばかり。そんな食生活をしている人は少なくありません。

例えば、朝は菓子パンとコーヒー、昼食はうどんやそば、カップ麺、夕食はパスタやPIZZA。間食は、甘いケーキやクッキー。

『あれ、タンパク質どこいった?』なんて方も。普段の食事が偏食になってしまい、髪に必要な栄養が足りないと、髪がパサつく原因になります。

2、血が足りていない

中医学(東洋医学)には、髪は「血(けつ)の余り」という考えがあります。

これは、血が十分にあって体内をスムーズに巡っていれば、髪を健康に保つことができるということ。

血の主な働きは、全身を巡って身体のあらゆる組織や細胞に栄養を運ぶことです。血が足りないと、臓器や目、筋肉、髪に十分な栄養が行き渡らず髪もパサついてしまいます。

3、ダイエットによるオイル不足

”脂肪になるから油は控える”というダイエットを続けている方も多いと思いますが、良質な油は美の源です。オイルカット=ダイエット、美ではありません。

もちろん、過度な油や動物性脂肪に多い飽和脂肪酸などは肥満の原因です。しかし、過度なオイルカットは、髪や肌の乾燥につながります。

ダイエットをして肌や髪に艶がなくなった、という人は要チェックです。体重は減ったけど、肌も髪もボロボロになっているのは残念すぎますよね。

4、腎が弱っている

「腎」の精(生命エネルギー)は、髪をつくる大切な要素です。(詳しい腎の説明はこちら。

腎が健康で十分にあれば、潤いのある元気な髪が育ちます。

腎は、年齢とともに減っていくのは仕方のないこと。ただし、若い頃から無理を続けていたり、偏食を続けていると減り方も速くなってしまいます。

内面をケアして髪を乾燥から守る方法

1、バランスの良い食事

昔から言われていることですが、一番はバランスの良い食事です。ただ、髪によいバランスの良い食事って何ぞや?っと。

難しく考えず、まずは大豆、鶏むね肉、ささみ、卵、鮭などの良質なタンパク質をとること。現代人は、知らず識らずタンパク質が少なくなっています。

くわしくは、髪育レシピでチェックしてくださいね。

2、血を補う食事

髪は「血(けつ)の余り」というくらい、血はすべての人の髪にとって大切な源。とくに女性は男性に比べ、月経、妊娠、出産など血を失いやすいので意識的に血を補う食事をとることることが大切。

「婦人は血(けつ)をもって本となす」、つまり女性の健康や美しさの基本は「血(けつ)」にあるという言葉があります。

なつめ、にんじん、レーズン、ほうれん草、黒ごま、落花生、レバー、鮭、鶏肉、魚の血合いなど、血を補う食材を積極的にとるようにしましょうね。

こちらも、髪育レシピでチェックしてくださいね。

3、良質な油で潤す

油には、いろいろな種類があります。その中でも、オメガ3系とオメガ9系の油は髪にも肌にもおすすめです。

オメガ3系の油

えごま油、亜麻仁油、ローズヒップオイル、インカインチオイル、魚油(DHA/EPA)、しそ油など

脂肪になりにくく、中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがあります。

オメガ9系の油

オリーブオイル、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、菜種油(キャノーラ油)、アボカド、アーモンドなど

脂肪や糖の代謝を促進する働きがあるので上手に取り入れることで、ダイエットと美髪の両方を手に入れることができますよ。

もちろん、何でも取りすぎはNG。

4、良質な睡眠で成長ホルモンを分泌

私たちは寝ている間に「成長ホルモン」が分泌され、古くなったり壊れたりした細胞を再生しています。睡眠時間が足りないと成長ホルモンが十分に分泌されず、髪の栄養不足にも。

中医学(東洋医学)では、髪にとって大切な血と関係の深い「肝」は、血の貯蔵庫と考えられています。

身体が活動している時には必要とされる器官に血は送られ、睡眠時や休息時には血を肝に戻して貯蔵する。当たり前ですが、貯蔵がうまくできないと送ることもできませんよね?

睡眠不足で血が少なくなってしまうのを防ぎ、夜中の12時までには眠るようにしましょう。

まとめ

どんなに良いシャンプーやトリートメントを使っても、毛根やその先の臓器が元気がないと健康な髪は生えてきてはくれません。
すべてを完璧ではなく、できることから少しづつ。『髪育乾燥ケア』(外側編)とあわせてチェックしてみてくださいね。

RELATED POST