髪育ごはん

夏のドロドロ改善に『梅りんご酢』

爽やかな梅の酸味が蒸し暑い夏を吹き飛ばしてくれそう。心とからだのバランスを整えて、美髪を育む。喉をスッキリ潤す美髪を育む髪育ごはんです。

髪におすすめの理由

(調理時間:15分)難易度★☆☆
※梅の浸水時間を除く

梅仕事2022。2品目は『梅りんご酢』です。

 

 

※諸事情についてはこちらを↓

夏バテ予防に『梅のコンポート』蒸し暑い日本の夏は、身体の内外の潤いバランスを整えてあげることが大切。汗の出過ぎを防ぎ、身体の潤いをキープする、夏を心地よく過ごせる美髪...

 

 

梅黒酢ほどクセも少なく、梅コンポートほど甘くなく。ちょうど真ん中に位置するのが
『りんご酢』を使ったレシピです。

 

 

味については好みがあるので一概には言えませんが、『りんご酢なら好きかも』という声をいただくことがあります。

 

 

薬膳的に言えば、りんご酢は”活血化瘀”の食材。
(血流を良くして流れの悪くなった状態を改善する)

 

 

実は夏は汗をかいて水分不足になりやすく、ドロドロ血になりやすいんです。

 

 

血栓や脳梗塞のリスクUPに加え、美容面でも”肌のくすみ”や”目の下のクマ”、”髪の細毛”や”抜け毛”の要因にも。

 

 

こまめな水分補給も大切ですが、少しだけ血行促進する食材を足すのがおすすめ。

 

 

今年は夏が長そうなので、今から夏バテ対策していきたいですね。

 

無理ぜす自分のペースで
美肌や美髪を育んでください。

 

てまり
てまり
りんご酢を薄めずにストレートで飲むと、胃や喉の粘膜を傷つけてしまうので、水で薄めるか料理で使うようにしましょうね。

 

 

このレシピは
Aタイプに◎

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

【薬膳効果】
☆梅…夏バテ予防、消化促進、疲労回復
☆りんご酢…血行を良くする、体力回復、殺菌

 

★工程付きの詳しい作り方は、インスタでご紹介↓

https://www.instagram.com/temari.yakuzen/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

有機 桷志田 黒酢 杜氏造り 三年熟成(720ml)【桷志田(かくいだ)】
価格:3888円(税込、送料別) (2022/7/3時点)

楽天で購入

 

薬膳の効能(りんご酢)

 

【性味】温性・酸苦味 【帰経】肝・胃

【薬膳的効能】
血行を良くする、体を温める、下痢、腹痛、便秘、魚の食中毒の緩和、殺菌、体力回復

りんご酢は、薬膳の四性五味(性味表)において、活血作用があるとされています。

 

 

この活血作用とは、血液の流れを改善して経路の通りを良くする効果があり、生理不順や生理痛、頭痛や肩こり、目の下のクマや細毛など、血行不良の症状に良い効果をもたらします。

 

 

また、夏はどうしても冷たい飲食物は増えてしまうので、体を温めて巡りを良くしてくれるりんご酢をぜひ活用してみて。

 

 

てまり
てまり
りんご酢には殺菌効果もあるので、野菜や果物を漬け込むと長期保存が可能になりますよ。

 

 

てまり式の体質チェックでは、 Aタイプの方に◎

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

りんご酢を使ったレシピ↓

冬の風邪予防と潤い補給に『りんごなます』美肌美髪に嬉しいポリフェノールが豊富なりんごを使った、冬の潤い補給におすすめの髪育ごはんです。 髪におすすめの理由 (調理時間:...

 

髪のパサつきを改善『ビーツの酢漬け』血が不足しやすい女性に嬉しい栄養素がたっぷり!カットして瓶につけるだけ、冷蔵庫で保存できる美髪を育める髪育ごはんです。 髪におすす...

 

栄養学的な効能

《りんご酢の嬉しい効能》
✔︎むくみを改善する「カリウム」
✔︎シミやしわを抑える作用のある「リンゴポリフェノール」

りんご酢とは、りんご果汁を発酵させて作った醸造酢。

 

てまり
てまり
醸造酢とは、果実や穀類を原料にして”酢酸”を使わないものをいいます。

 

りんご酢の特徴は、他の酢よりも酸味がまろやかで飲みやすいこと。ドリンクや料理にもとりいれやすく、黒酢や穀物酢が苦手な方にもおススメです。

 

 

りんご酢は抗酸化作用が期待できるため、細胞の劣化を抑え、美肌効果も優れています。また、ほかの酢よりも「カリウムが4倍以上」も豊富に含まれていて、むくみ予防にも効果を発揮。米酢よりカロリー・糖質も低いのも嬉しいポイントです。

 

 

てまり
てまり
リンゴと言えば、「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざがあるほど栄養価の高い果物。血糖値の急上昇することを防ぐこともでき、ダイエット効果や睡眠の質を高めたい人にも◎

 

★自分の体質・髪質をチェックしたい方は、こちらを↓

てまり式『体質・髪質チェック』健康法や美容法はいろいろありますが、自分に合っていますか? 体質、髪質、肌質が違えばケア方法も異なります。 誰かの良いは、必ずし...

 

 

 

『梅りんご酢』のレシピ

(調理時間:15分)難易度★☆☆

食材

【梅500g分】
・梅:500g
・りんご酢:500ml
・砂糖(てんさい糖):400ml

作り方

①漬け込む瓶はよく洗い煮沸、またはアルコール消毒しておく。※キッチンペーパーに焼酎を染み込ませて、拭き消毒してもOK。

②梅をボウルに入れ、水に2時間漬けアクを抜く。

③爪楊枝でヘタを取り、水けをしっかり拭く。

④瓶に梅、砂糖を交互に入れていき、最後にりんご酢を入れる。

⑤全体が浸かるように1日1回は瓶を振るor傾ける。

⑥1〜1.5ヶ月ほど寝かせ、砂糖が溶けて梅が浮いたら飲み頃。炭酸水などで割って飲んでくださいね。

ポイント

●梅の実を漬けっぱなしにしていると味が変化したり、腐る原因になるので、完成したら梅の実は取り覗いて下さい。

●果肉は梅ジャムにしても美味しいですよ。

RELATED POST